熱中症予防に良い食べ物は?しっかり知って夏を乗り切ろう!

2018年6月25日

今年も間もなくうだるような酷暑がやってきます。よく年配の人は「昔はエアコンなどなくても夏を過ごせた!」なんて自慢する人もいますが、最近はエアコン室外機から発せられる熱が原因なのか、部屋にいても熱中症になるような事例も増えており、きちんとした対策が必要です。

せっかくのイベントごとも多い夏!熱中症になってしまうと、もう怖くてエアコンの中から出たくなくなっちゃいますから、夏を満喫できませんよね!

小まめの水分補給や、直射日光が当たらない場所に行くなどのほかに、熱中症予防に良い食べ物があるとか!夏バテん防止の意味でも知っておきたい、熱中症予防になる食べ物を紹介したいと思います。

暑い人のイラスト(女性)イメージ画像(フリー画像いらすとや)

スイカ

スイカ画像(フリー画像Pixaboy)

夏の象徴的食べ物であるスイカ!まず、スイカは約90%が水分でできているので、あまりグビグビ大量の水などは飲めない人でも効果的に水分補給ができ、おすすめです。

また、カリウムをはじめとした汗によって失われやすいミネラル分も摂取ができ、更に塩をかけて甘みを増されますよね?これにより塩分も摂取できるという、キングオブ熱中症対策食べ物といってよいものなのです。

夏野菜カレー

カレー画像(フリー画像PAKUTASO)

夏が旬の野菜には、疲労回復に役立つビタミンB群や、体の調子を整え免疫力を高めてくれるビタミンCも多く含んでおり、また体を冷やす効果もあるので、熱中症対策にはばっちりです。

具体的には、オクラ、きゅうり、トマト、なす、モロヘイヤ、ゴーヤなどですが、特に野菜嫌いな人だと、なかなかこれらをたくさん食べるのは大変ですよね。

そこで、おすすめなのがこれらの夏野菜をたっぷり入れた「夏野菜カレー」。夏バテで食欲がない時でも意外と入るのがカレー。具材に熱中症対策の食べ物を入れてばっちり対策しましょう!

梅干し

梅干し画像(フリー画像 フリー素材ドットコム)

熱中症には、よく水分と塩分なんていわれるとおり、梅干しは気軽に塩分摂取ができる日本が生んだ抜群の食べ物になります。持ち運びにも優れているので、外出する機会が多い人でも携帯しやすくて、ありがたい食べ物ですね。

クエン酸ナトリウム、塩化カリウムなどのミネラル分も豊富で、疲労回復効果も期待できるので、夏バテ対策としても有効的です。

スムージー

スムージーの画像(フリー画像PAKUTASO)

気軽に栄養素と水分を補給できることで、モーニングに常に飲んでいる人も増えてきているスムージー。このスムージーの具材を上記の夏野菜を中心にすると、とても効率的な熱中症対策となります。

もちろん夏野菜だけでは、飲みづらくてなかなか長続きできませんよね。そこで、同じく熱中症効果が高いスイカや、疲労回復効果のあるビタミンCが多く含まれているレモンなどを入れてマイルドにして飲みやすいスムージーで夏を乗り切りましょう。

まとめ

熱中症対策になる食べ物についてお届けしました。スイカと聞くと、甘いのでカロリーが高そうですが、生のスイカはそのボリュームに対してほとんどが水分で、カロリーは100gあたり37kcalと、ゴボウ(100gあたり65kcal)と比べても格段に低いのです。つまり、スイーツ代わりにスイカを食べるとダイエットにもなるということですね!これは一石二鳥!今年の夏はスイカで決まりですね。