糖質オフはコンビニでする時代!おすすめの糖質オフはこれ!

2018年9月3日

最近は「糖質オフ」と名前が付いた商品は大ヒット間違いなしと言われているくらい糖質に敏感となっている人も多いですよね。

糖質は気にしたいけど、何かと忙しくてなかなか気を遣えない…そんな人におすすめなのがコンビニでの糖質オフ生活。

コンビニ食と言うと、糖質オフとは真反対にある存在のように思っている人も多いですが、最近はコンビニもヘルシー時代に突入しているのです。

なかでも糖質オフ商品が充実していると評判なのが「ローソン」。

コーヒーが美味しいと評判のローソンですが、更に糖質オフ商品でダイエットができたり、健康になったら言う事なしですね。

そこで、ここではローソンのおすすめ糖質オフ商品を紹介します。

フリー画像:コンビニ外観(PhotoACより)

おすすめ糖質オフ商品【ローソン編】

全国のコンビニチェーンでも一番健康志向と言われているローソン。ナチュラルローソンなんかもありますしね。

そこで、ここではローソンでランチにぴったりな糖質オフできる商品を紹介します。

野菜を食べるビビンバ

野菜を食べるビビンバ画像

出典:https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1326007_1996.html

 

 

価格:399円(税込)

カロリー:365kcal

糖質オフの味方である野菜を、これ1つだけで1日分(約120g)を摂取できるので、満腹感も味わえ、ランチが終わって、小腹がすきおやつをつまんでしまうという糖質オフの大敵となる行為を防げます。

ご飯は人気のもち麦で、食感のアクセントもあり、濃いめの味付けのお肉とのバランスも秀逸。

トレイに入っており、袋から取り出して電子レンジで温めるだけでOKなので、コンビニのレンジでも会社に戻って社内のレンジでも簡単にランチが摂れます。

ブランパンシリーズ

ブランパン画像

出典:https://www.lawson.co.jp/lab/kenko/art/1312316_4665.html

これまで累計1億5000万個以上を販売している大ヒットシリーズのパンです。

ブランとは、小麦をひいて粉にしたあとに残る皮のことで、日本では古くから小麦ふすまと言われ、家畜の餌などに主に使われていたものです。

糖質が従来の小麦より半減され、更に鉄分、カリウム、マグネシウムなどのミネラル分も高い糖質オフ食材なのです。

ブランパンシリーズには、

  • ブランパン~牛乳仕様~ 70kcal、糖質2.2g
  • ブランパンチーズ 70kcal、糖質2.0g
  • ブランのソーセージデニッシュ 289kcal、糖質12.7g
  • たまごを包んだしっとりパン 213kcal、糖質15.3g

などなど種類が豊富!毎日ローソンランチでも飽きません。

おすすめは、ローソンのマチカフェのアールグレイティーにブランパン。ちょっと優雅がランチをどうぞ!

 

冷しうどん風こんにゃく麺

冷しうどん風こんにゃく麺画像

出典:https://mitok.info/?p=60282

価格:198円(税込)

カロリー:63kcal

麺は水でほぐせるタイプなので、外出先などでも気軽に糖質オフにとことんこだわりたい時はコレ!

麺自体は、こんにゃく麺でできているので、糖質オフ。これにダイエット食の定番であるチキンサラダや大量の野菜をトッピングしても、100kcalにはならず、糖質も極めてゼロに近いランチが完成します。

こんにゃくは腹持ちもよいので、感触防止にも役立ちますね。

関連記事:

今はコンビニ弁当でダイエット!?低カロリー弁当を紹介!

筋トレ前に食事はするべき?筋トレ前コンビニメニューを紹介!

コンビニにたむろ若者に注意する?通報がベスト!?

ローソン糖質オフ商品 まとめ

おすすめのローソン糖質オフ商品をまとめてみました。いかがでしたでしょうか?

ブランパンシリーズは何も知らずに食べたら糖質オフ商品だとは分からない程のクオリティ。

知らず知らずのうちに日頃の食事で糖分は過多気味になってしまいますので、気を付けられるときだけでも糖質オフに気を遣いたいですね。