2020.「母の日」知っておきたい由来。おすすめプレゼントは?

2019年1月23日

母の日カーネーション 母のイラスト毎年ゴールデンウィークを過ぎるとやってくる母の日。
プレゼントを贈ったり、肩たたきや家事の手伝いをして労ったり、お母さんへ日頃の感謝の気持ちを伝えられる方が多いのではないでしょうか?
この記事では、そんな母の日に関する、あらゆる由来やおすすめのプレゼントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2020.「母の日」知っておきたい由来。

毎年、「あれ?今年の母の日、何日だっけ?」と、慌ててプレゼントを考える方もいらっしゃると思います。
そんな方にぜひ知っておいていただきたい!ズバリ・・

■2020年■今年の母の日は5月10日㈰です!

母の日は、毎年5月の第二日曜に制定されています。

実は知らない・・母の日の由来

いつもは照れくさくて伝えられないけれど、毎日一生懸命頑張っているお母さんに、日頃の感謝の気持ちを示し、労う大切な母の日。
今や世界中で親しまれるポピュラーなイベントである母の日ですが、みなさんはその由来や意味について考えたことがありますか?
母の日はそもそもなぜ出来たのか、元となるエピソードや意味について、まずは詳しく見てみましょう。

仲良し親子のイラスト母の日の由来となったエピソード、発祥はどこ?

意外と知らない方も多いかもしれませんが、母の日は日本特有のイベントではなく、世界中に記念日として存在していて、それぞれの国や地域によって風習は異なります。が、母の日の由来として最も有名な説は、アメリカ人の少女「アンナ・ジャービス」が、亡くなった自身の母を忍び「生きている間にお母さんへ感謝の気持ちを伝えるべきだ」と教会で働きかけたのがはじまりと言われています。
つまり、一般的に母の日はアメリカ発祥ということですね。

母の日には赤いカーネーション?この風習にも由来が

母の日にカーネーションをプレゼントとして贈ったご経験のある方も少ないくないと思いますが、実はこの風習にもアンナのエピソードが由来しています。

アンナが、亡くなったお母さんを追悼するため、教会でカーネーションを人々に配ったことがはじまりなのだとか。
このとき配られたカーネーションは白色だったそうですが、現代「母の日は赤いカーネーション」が定番ですよね。

女の子がお母さんに赤いカーネーションをプレゼントこれにもちゃんと意味があって、アンナは亡くなった母への手向けとして、白いカーネーションを選びました。
このため、後にこの習慣を受け継いだ人たちが、母が亡くなっている場合は白いカーネーション、生きている場合は赤いカーネーションを贈るよう定めたのです。

知らなくて・・

みなさん、これまで何気ない気持ちで、お母さんに白いカーネーションを贈ったことはありませんか?私はありました・・
もちろん色の好みなどあると思うのですが、由来を知ってみると少し申し訳ない気持ちになります・・

カーネーションの色についてこれだけは知っておきたい➡関連記事

2020.「母の日」花言葉選ぶカーネーション。ダメな花色は?

由来を知ってあらためて考える、母の日の意味

いかがでしたか?一人の少女が、母を思い働きかけた行動が、後に世界中に広まった母の日。
何だか切ないけれど感動的なお話ですよね。

今年からはぜひ、これらの由来や意味を考えつつ、お母さんを労ってあげてくださいね!

お母さんに贈りたい、母の日のプレゼント

ここまで、母の日の由来を紹介してきましたが、いかがでしょう?みなさん今年の母の日のプレゼント、もうお決まりでしょうか?
ただでさえ頭を抱えるプレゼント選び。由来や意味を知って、更に何を贈れば良いか迷ってしまった・・そんな方にぜひ読んでいただきたい、おすすめプレゼントのご紹介です。

カーネーション

定番のカーネーション

母の日の由来でも紹介しましたが、やっぱり母の日と言えばカーネーションを思い浮かべる方も多いと思います。
もちろん、花は贈り物として女性に喜ばれますし、カーネーション以外の花でも良いと思いますが、お母さんに贈る花としてはやはり
カーネーションが定番と言えるのではないでしょうか。

また、カーネーションを贈る場合、色によってそれぞれ花言葉が違っていますので、お母さんのことを思い描きながら花言葉で選んでみても面白いと思います。

ここで簡単ではありますが、参考までにカーネーションの色に込められた意味についてご紹介します。

■赤 母への愛、真実の愛、情熱など

■白 尊敬や、母をしのぶという意味があり、現代でも亡き母に贈る花にふさわしいとされているようです・・

■ピンク 感謝、温かい気持ち

■紫 気品や誇り

カーネーションを母の日に贈る際は、ぜひその花言葉も添えて、お母さんにプレゼントしてあげてくださいね!

家事に役立つ電化製品

いつも家事を頑張ってくれているお母さん。その負担を少しでも減らしてあげられたら嬉しいですよね。
電化製品は今や通販でも買える時代です。花や小物などに比べると少しお高いですが、いかがでしょう?家族でお小遣いを出し合い、最新の家電をプレゼントされたら…お母さんはきっと喜んでくれるでしょう。

Amazonや楽天市場だと、町の電気屋さんより少しお安く買えるものもあるようですよ!
電化製品は長く使えますし、最新の商品は本当に便利なのでおすすめです。

料理や手作りお菓子でおもてなし

包装したプレゼントのイラスト多くのご家庭では、お家で出てくるお料理の多くをお母さんが作っているのではないでしょうか?
そこで最後におすすめなプレゼントは、手作りの料理やお菓子です。

毎日自分が作った料理を食べているお母さん。たまには愛情のこもった手作り料理が食べたいと思っているかもしれませんよ!
普段料理をしない方も、勇気を出して、日頃おいしい料理を作ってくれるお母さんに、手作り料理をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:

母の日・父の日は同時に贈る!豪華食事券のプレゼントで決定!

母の日と父の日は同時に祝福しよう。両親に贈る感謝の気持ち。

父の日・60代のお父さんが喜ぶ、異色プレゼントを紹介!

母の日・父の日のプレゼントは、買い置きしてグレードアップ

まとめ

以上、母の日の由来とおすすめ商品をご紹介しました。

カーネーションを貰った母さんウサギのイラスト普段なかなか面と向かって伝える機会のない、お母さんへの感謝の気持ち。
由来となった歴史は少し切ないお話でしたが、だからこそいつか後悔しないよう、母の日を大切に過ごしたいものです。

今年の母の日は、お母さんを心から笑顔にさせてあげられるような、あなたなりの素敵な贈り物ができますように。

少しでも記事が参考になれば幸いです。