300円~500円までに済ます。コンビニ女子の為のランチメニュー

色々と悩んでいる女性の画像今や24時間は当たり前のコンビニですが、世の中サラリーマンやはたまた主婦の間でもコンビニというのは今では無くてはならない存在ではないでしょうか?

少し前に人手不足で24時間営業が出来ないという某コンビニ騒動が話題になっていましたね。
それほど24時間営業が当たり前のコンビニですが、私もコンビニは朝食、昼食、夕食に問わずよく使います。
どちらかというと、スーパーに行くよりコンビニを活用する方が多いかもしれません。

今や働く男性女性に限らずコンビニは女子にとっても無くてはならない存在なのです。

今回はランチをコンビニに絞ってお手軽、経済的に尚且つ、健康的に取れる方法を考えてみました。

そもそも毎日のランチにいくら使える?

先ずランチをコンビニでと考えてるという事は、毎日の事なので節約の為か、仕事の合間にお昼をとる時間がないかではないでしょうか?
では、あなたならいくらだとコンビニランチで出せますか?

一カ月20日間×500円=10000円 として考えるとします。

単価とお手軽度

節約術で悩む女性のイラストちょっと油断すると、あれもこれもと買ってしまい1000円弱になってたという事はありませんか。
私はよくあります。
まあ、それはコンビニの販売戦略にまんまと嵌ってるのですけどね。

それはさておき話を元に戻しましょう。

今回はできれば500円以内に抑えたい!というのが本音です。

毎日のことですからね。本当に500円以内で満足いくならその方が良いに決まってますよね。
そこで改めてコンビニのお弁当の棚を見てみると、単価は300円~500円はしてしまいこれにお茶やお味噌汁とはたまたデザートなど買ってしまったら毎日のランチ代だけで700円~900円はしてしまいます。
もちろんお手軽なのでお弁当だと他のおかずなど考えなくていいです。

できれば500円以内ぐらいに抑えたい

そうは言っても先ほども言ったように出来れば500円以内に抑えたいのです。最近コンビニもちょっとおかずの入ったおにぎり2個セットなんかもありますね。
でもこれだと300円に直ぐになってしまいます。

そうコンビニで一番気を付けて選びたいのが単価です。
おにぎりだと100円前後、ちょっと高いので120円前後します。
そしてサンドウィッチにかんしては250円前後はします。
パンかおにぎりかと悩むならコンビニではおにぎりにした方がよさそうですが、そこは好き好きやその日の気分などもあるとおもいます。
そしておかずですが、最近お惣菜や副菜ですが真空パックで売っています。
これは私も一押しです。
そして具だくさんのスープ類もいいですね。

では某コンビニの真空パックお惣菜においてみていくと 切り干し大根(128円)、きんぴらごぼう(158円)、半熟卵1個入り(68円)などなど100円代でお惣菜が用意できます。

次に副菜と言われるものがランチにはよさそうです。
カップスープ類は具だくさんのものが最近は多くあります。
こちらも120円前後であります。

いかがでしょうか?これだと、おにぎり2個(200円)主菜副菜で(300円弱)で500円ぐらいですね。

健康面と栄養面は?

でも、ちょっとまってください。

毎日が前提のコンビニランチですよね。
健康面や栄養面で問題はないのでしょうか?

やはり働くには栄養が必要で健康が第一になってきます。
尚且つ近年は健康ブームです。
そしてよく言われる野菜不足、これはコンビニランチに限らず野菜不足を気にする人が増えています。

一昔前はコンビニ食ばかり食べてると肉体に影響が出るなんて事も言われていた時代もありますね。

食の安全は?

しかしコンビニ業界は時代の最先端をいわばいっています。
そのコンビニは食の安全性だけではなく栄養面にも取り組んでいると言っても過言ではないでしょう。
私のよく利用する某コンビニは食の安全性や栄養面を載せたサイトがありました。

食の安全性や栄養面を載せたサイト

野菜不足は組み合わせで栄養を管理

そしてランチでおなかも満たせてお手軽で栄養面も補いつつ単価も抑えられるのが 主食+(主菜+副菜)の組み合わせです。
これを頭に入れておくのが一つのポイントになります。

これはランチ時間をいかに効率よく使うかにもなってきます。
ランチの時間は大体どの会社も1時間ぐらいではないでしょうか?
外回りの方も空いた時間にちょっと食べるだけという方もいらっしゃるかと思います。

気を付けたいのがおにぎりだと具が入っているのでおにぎり2個とかだけになったり、パンだと菓子パンをいくつか後はジュースでなどになってしまったりすることなのです。
これだと栄養管理ができない上か女性でもちょっと足りません。

バランスの良い組み合わせを考えておく

コンビニの肉饅頭の画像そうならない為にあらかじめ自分の中でバランスの良い組み合わせをピックアップしておくのもいいかと考えます。

私が良く使うのは
例① 五目いなり1個130円+かぼちゃサラダ127円+具だくさんトン汁(138円)計395円です。
これで400円弱です。

500円いきませんでした。

そしてもう一つお勧めは
例② セブンイレブンのおにぎりおかずセット(298円)+フリーズドライスープ類(88円)計386円です。
これは400円弱です。

真空パックのお惣菜や副菜はそのまま容器になるのでお皿などがいりません。
フリーズドライのスープ類は容器がいりますが単価はとても低く尚且つお野菜が取れるのでお勧めです。

この様に自分の好きな具材でピックアップしてランチセットを作っておくのは時間短縮になるので忙しいランチ時間にお手軽且つ健康管理もしつつ節約できる生活の知恵ともいえるでしょう。

まとめ

最後にどうしても300円以内でランチを抑えたいという方はちょっと手間が朝かかりますが、おにぎりだけは持参するとかやはり節約にはそれなりの労力は否めません。

自身でも作れるおにぎり、巻物などの画像そしてコンビニでは各種ポイントカードやアプリが現在は充実していますのでそれらを上手く活用する事も必要かとおもいます。
ポイントを貯めて一日のランチなどを無料にするとかちょっと別のを足して豪華にしてみるとか節約を続ける為には日々を楽しむ事も大事な事だと私は思います。