深夜のコンビニたむろは、24時間営業が起こした集団行動?

2019年4月1日

「またいるよ」、「まだいるよ」と思う人もいるでしょう。

深夜コンビニを利用する人々にとって、集団でたむろする行動は、迷惑に感じたり、怖いなと思うかもしれません。

本来であれば、寝静まっている時間ですし、周囲を顧みない騒音行動をすることは、よくは思えない集団の集まりだと感じるでしょう。

なぜ、コンビニにたむろする集団、特に若い年代が増えているのでしょうか?
営業が終了しているスーパーの駐車場や商業施設の駐車場にたむろする人物もいます。

しかし、たむろする場所の大多数はコンビニです。
やはり、24時間営業という時間枠と食料品や雑誌類、お酒やタバコ等、色々な購入できる”便利さ”が要因になっているのではないでしょうか?

だったら、そのシステムを見直した方がよいのか?
そういうわけにはいきません。”便利さ”が利用者にデメリットを与えている可能性はありますが、大部分はメリットになっているので、コンビニ自体のシステムを変更する必要は、経済に大きな打撃を生むでしょう。

この集団行動の原因自体はコンビニにはありません。
人が集団行動を起こしやすい環境になっていることが原因です。

仮に、集団行動が店舗側への迷惑や利用者への害になっているなら、安心と安全を守る警察に対応してもらえばいいだけのお話です。

深夜のコンビニでたむろする集団

なぜ、コンビニにたむろするのでしょうか?
あなたにとって”便利な”コンビニ!便利だから利用しているのに、その有用性を邪魔しないでほしい。

そう思っているのは大半の方同じでしょう。

文字通りその”便利な”という部分が問題なのです。
あなた自身が便利でよく利用するのであれば、たむろする彼等にとっても”便利な”場所なのです。

彼らの為のコンビニでも、あなたのためのコンビニでもありません。
皆の為のコンビニですよね!

そう、身近に利用できる24時間のお店は、都市部や街を離れた町のような比較的暗い場所であっても明かりを灯しています。
その明かりに惹かれて、深夜に活動する”集まりたい”という人が集合する場所として利用しているわけです。

居酒屋や喫茶店に行って飲みにケーションをする、お茶するのと同じです。
ただ、活動する時間帯と集まる年齢層、容姿や利用体動が一般に受け入れがたいから、たむろしていると煙たがられてしまうのでしょう。

コンビニにたむろする理由

なぜ、コンビニにたむろするのでしょうか?
あなたにとって”便利な”コンビニ!便利だから利用しているのに、その有用性を邪魔しないでほしい。
そう思っているのは大半の方同じでしょう。

文字通りその”便利な”という部分が問題なのです。
あなた自身が便利でよく利用するのであれば、たむろする彼等にとっても”便利な”場所なのです。

彼らの為のコンビニでも、あなたのためのコンビニでもありません。
皆の為のコンビニですよね!

そう、身近に利用できる24時間のお店は、都市部や街を離れた町のような比較的暗い場所であっても明かりを灯しています。
その明かりに惹かれて、深夜に活動する”集まりたい”という人が集合する場所として利用しているわけです。

居酒屋や喫茶店に行って飲みにケーションをする、お茶するのと同じです。
ただ、活動する時間帯と集まる年齢層、容姿や利用体動が一般に受け入れがたいから、たむろしていると煙たがられてしまうのでしょう。

コンビニが出来た背景

その名の通り、”便利な”という日本語訳があるように、本来の発祥の地はアメリカです。
セブンイレブン自体もアメリカで発祥となっていますが、後にイトーヨーカ堂に買収され、日本の企業となっているようです。
ご存知かもしれませんが、コンビニ自体はもともと24時間だったわけではありません。

最近では、見ることがないことが無い24時間のコンビですが、決まった時間で閉店もしていました。
例のごとく、セブンイレブンは7時開店の夜11時閉店というような感じです。

実験的に24時間営業を行い、成果が確認されたのも1975年の福島県郡山市のあるセブンイレブンだそうです。
夜間に売り上げた分だけ昼間の売り上げが上がると、売り上げを名目に便利さを追求していった結果、24時間のコンビニが日本にもできたわけですね。

コンビニが出来る前は、どこにたむろしていた?

コンビニの歴史も割と古く、1970年代から存在していたというから驚きです。
その前は、どこでたむろしていたのでしょうか?

そもそも、その年代はまだまだ日本も発展をしている真っ最中で、集まるところがあればどこでも集まっていたのかもしれません。

コンビニという便利な場所を一般人が利用するにあたって、たむろという集団行動が迷惑行為となっていることを述べました。

しかし、あえて利用しないところにたむろすることも!
例としては、深夜の公園、道の駅等の広めの駐車場、駅などでしょうか?

街の明かりがすべて消えることは、まずないですよね?

街灯があれば、商業施設の駐車場を照らす明かりもあります。
集まるという目的を可能にするのであれば、どこでもたむろする場所になり得たのです。

現在では、24時間明かりが灯っている、ある程度の商品が陳列してある”便利な”ことを実現したコンビニが、集まるという目的の為の場所として選択されているのでしょう。

まとめ

あなたにとって便利なコンビニは、たむろする集団にとっても便利なコンビニです。
夜だけでなく、昼間もたむろしていることは多いでしょう。

自分にとっての便利さが損なわれるからと安易に彼らを否定するのではなく、”便利な”部分を使用するにもルールがあることを自覚し、守っていない人を注意できる手段を用いることがベストでしょう。

コンビニを使って何が悪いと言われてしまえば、あなたが正しくても状況の収集には一役も買いません。