NHK 知っておくと便利

NHK受信料の解約手順!解約できないことはない!

投稿日:

ルームキーを渡したくない人。の画像「なんで、NHKは観ていないのに契約しなければいけないんだ!」
「テレビを持っていれば受信料を支払わなければいけない法律があるなんて、不合理だ!」等々、掘れば掘るほどザクザクとNHK受信料に対する文句が出てきますよね。

言っていることは理解できますよ!
実際にNHKを見ることはあります。子供の教育番組やドキュメンタリー番組等、面白い番組を放送していることは事実です。
しかし、現在はNHKを見ることがなくなってきましたし、見る頻度はほとんどない人もいます。

そんな中、NHK放送を受信できる状況にあるとかテレビをもっているとかという理由だけで、受信料を支払え!と、どんな業者だよ!と頭にくるでしょう。

しかし、受信料の支払いは放送法で義務付けられていますから、私達、国民は従わざるを得ないところです。

ただし、支払の義務が生じる条件があるのであれば、逆手にとって、その条件が揃わない状況になれば、あなたは受信料支払いの義務からは脱却できるわけです。
代わりに、NHK受信料の解約代行をしてあげますよというサービスも出てきているということなので、自分でやりたくない人は率先してサービスにあやかりましょう。

知っていて損はないので、解約できる方法が存在するのであれば、ぜひこの機会に知識を得ておきましょう。

絶対に解約できる方法があった!

まず最初に言っておきたい!
現在はネット社会です。

様々な契約がネットを利用することで簡単に解約できる時代なのです!
そんな便利な世の中になったからには、NHKをネットで解約してしまおうと考える賢い方々に報告です。

”NHKはネットで解約できまーーーーせん”
はい、残念でした!

NHKを解約するには、絶対に「NHKふれあいセンター」というところに”電話”をして解約手続きをしなければいけないのです。
なんじゃそりゃーと思っている方々、そのお気持ちわかりますよ!

解約するパターンとしては2つ。
まず、電話をして書類をもらい、”書類で解約してしまう”パターンと、次に、NHKの職員に自宅まで来てもらい、テレビがないこととNHKを受信出来る物がないこと、受信できる環境ではないことを確認してもらうことで解約するというパターンです。

しかし、どちらにしても面倒な状況なんですよね。
前者であれば、電話をした際に、本当に解約できるような状況にあるのかをしつこく質問責めされます。
そして、その状況が本当なのかを証明する書類を提出しなければ解約させてくれません。

後者は、わざわざNHKの職員を呼ぶわけですから、自分の時間を使って、自宅をくまなく確認されます。
テレビは隠してないか~といったような、知らない人に部屋を観られるのだから、女性は避けたいですよね。

この2つのパターンから、絶対に解約できる方法を解説していきましょう。

解約できる3つの方法

それでは解約できる3つの方法についてご説明いたしましょう。
しかし、先に述べておきますが、解約するにはNHK側の対応もありますから、手間と手間がかかるということを覚悟しておかなければいけません。

まず、支払いの義務が生じる2つの条件
・テレビなどの放送を受信できる媒体があること
・NHKを受信できる環境下にあること
について、前者だけで契約を結んでしまうNHK側の対応がありました。

それであれば、前者におけるテレビを受信できる”モノ”を”捨てる”、”譲る”、”売る”ことで、自分が居住する場所には無いという状況を作りださなければなりません。

1つ目の方法としては、”解約代行サービス”の利用です。
このサービスは、「NHKから国民をまもる党」の代表が無料で始めたサービスで、利用者の負担はテレビを放送できる設備を党代表の自宅へ送る送料のみです。非常に便利ですよね、ぜひ自分で解約するのが面倒な方、利用してみてください。

2つ目の方法としては、居住する場所には無いという状況にする3つの手段をとり、それを賞めする書類を用意するという方法です。
自分で解約手続きをとりますから面倒ではありますが、モノが無ければ支払いの義務が生じません。

3つ目の方法としては、2つ目の方法をとった場合、書類が準備できなかった場合です。
NHK職員を自宅に呼び、テレビなどの設備がないことを職員の目で見て確認してもらう方法です。
ご自宅内を観られても平気だという勇者は、ぜひこの方法で、堂々とないことを示してください。

危険な解約の仕方

テレビはなくしたくないし、受信料を支払うのも嫌だ!
そうだ、引っ越したことにして、解約手続きをとろう!

この方法に至る方がいますが、この方法は危険です。

証拠が残るような偽証は訴訟の対象になる!

引っ越しを偽る解約は、NHK側に引っ越してないことがバレた時点で訴訟問題になりかねません。
契約を解約する理由を偽っているのですから、確実に偽証の選択をした側が敗訴します。
たとえ、解約できたとしても、引っ越し先をNHK側に申告していなければいけませんし、NHK職員は解約した居住宅に、再度訪れます。

新しく入居した人物から新しい契約をとれるかもしれませんからね!
解約するのであれば、より確実で、自身にリスクが伴わない方法をとりましょう。

まとめ

NHK受信料の支払いを契約してしまったら、解約の手続きは非常に面倒です。
もちろん、NHK側も解約させたくないですから、電話申請した際も、担当者から折り返させると言って、いつまでたっても折り返しをせず
渋るという行動も当然のようにとります。
あなたがNHK受信料を解約したいのであれば、100%確実な解約方法をとりましょう。

-NHK, 知っておくと便利
-, ,

Copyright© じ~じ の 一歩。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.