NHK 知っておくと便利

教育番組として優秀ならNHK受信料は支払う価値がある!

投稿日:

NHKってあまり良い印象を持たれていないのは、やはり受信料の回収が問題とされているからでしょうか。
テレビを備え付けているだけで受信料を支払わなければならない、放送を受信できる環境にあるから受信料を支払わなければならない。

以上のような、放送法という法律に基づくルールが認められている以上、条件を満たす人は受信料を支払わなければなりません。

しかし、問題となっているのは、テレビを持っているだけでも、受信できるアンテナだけあってもNHKを見れる条件にはならない場合です。
条件がそろっていないのであれば支払いをする義務は生じませんが、回収の際は、ロクな説明もなく、テレビがあるなら支払えと要求してくる昼夜問わずの対応に国民が怒っているようにも思えます。

しかし、その部分を除けば、NHKはおそらく条件がそろっている人であれば暇つぶしの時間や朝、夜のドラマ、子供向けの教育番組等様々な場面で観ているはずです。

プロジェクトXといった有名なドキュメンタリー番組も、教育や自己啓発で視聴する人もいたのではないでしょうか?
一部となりましたが、月額地上波では1500円に満たない料金を支払って教育番組を利用できるのなら、月額支払っていきたくもない塾に行かされる子供や、習い事をする人々にとっては便利なツールではないでしょうか?

そもそもなぜ受信料を支払わないといけないのか

テレビがあるなら、番組なんていくらでも無料で視聴しているはずなのに、なんでNHKは職員や契約社員等を使って、受信料の回収をするのか!

と、怒りを露にする人が多いことでしょう。
他の民放と比べて、あまり視聴する機会もないのに受信料という形で生活資金の一部から捻出しなければいけないし、余計な出費だと思っている家庭もあるでしょう。

また、昼夜問わずの契約を強引にする姿勢もあり、また、受信料回収という形でNHK職員を語った詐欺もありましたので、NHK側の評判は落ちる一方です。

人のうわさや、文句などは、知らないところで一斉に広がるものですからね!

詐欺と回収の態度で大分痛い目を見ているNHKですが、では、なぜ、他の民放と扱いが割らないはずのNHKが受信料を回収しているのかを知る必要がありますね。

民放とNHKの収入源の違い

まず、NHKが提供する番組は、おかしな団体等に左右されない、平等な立場での視聴を目的とした公正で質の高い番組の提供にあります。

そこには視聴率等という概念はなく、ただ社会的に不可欠な教育や福祉に関わる番組を提供しているわけです。
カッコイイ、カワイイ人物が登場するアニメ、有名俳優が出ているドラマだとか、人気芸人が多数出ているバラエティであったり、社会を賑わす大ニュースであったりと視聴率を求める番組ではありません。

ただ、国民に平等に質の高い番組を提供したいというところがその他の民放と概念が違います。
そして、そこに単なる企業であるNHKを含む民放の収入に違いが出てくるわけです。

その他の民放は、文字通り視聴率に左右されます。
なぜなら、企業などのスポンサーが支払う広告料が財源になるからです。

視聴率が高ければ視聴する人が増えますし、ドラマやCMで発生した商品が売れることでスポンサー側の大きな収入になり、民放側にその収入分を渡しているのですから、視聴率の競争をして間違いないでしょう。

しかし、NHKは視聴率ではなく、主な財源はテレビがある家庭から得られる受信料が90%以上を占めているようです。
NHKはNHKが出来得る限りの質の高い番組を制作し放送していますが、スポンサーが限られている為受信料を徴収するしかありません。言ってみれば、国民がNHKのスポンサーでしょうか?

NHKの教育番組を利用している人もいるわけです

そんな質の高いNHK放送ですが、本当に利用していないと言えるでしょうか?
多岐に渡る教育番組には、小さいお子様向けの人形や着ぐるみを使った番組、学生にはドキュメンタリーや外国語等を学習するための番組、大人には海外ドラマや料理番組等、各世代に向けての番組が用意されています。

特にドキュメンタリー番組などは、義務教育の場においても教材として利用する学校もあります。

忘れているでしょうか?
受信料という金額を支払う義務を強引に課される状況や他の民放との差別でNHK放送の重要性を観ようとする人々がどれくらいいますか?

確かに、条件に合わない方々は、支払を強要するNHKに対し断じて支払いの義務を履行する必要はありません。
しかし、条件を満たす人々は、自分の生活に影響や刺激を与える番組を提供してくれるモノとして受信料は支払う価値はあるのではないですか?

まとめ

ネット環境があるのであればNHK受信料を支払わなければならないという環境が今後出来るような状況です。
NHK放送が団体に左右されない、公正な質の高い番組を制作し提供しているのであれば、リアルタイムではなく、過去の放送も利用すれば受信料よりも大きく得るものがあるのではないでしょうか?

-NHK, 知っておくと便利
-, ,

Copyright© じ~じ の 一歩。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.