学ぶ 知っておくと便利

かき氷を自宅で楽に!こだわって作れるようになりました!

更新日:

かき氷 氷イチゴの画像暑い夏の季節!
大人でも子供でも、冷たいかき氷を食べたくなる季節です。

日本のかき氷の文化を思い出してみてください。
暑い空の下で、子供たちは遊び、大人たちは仕事やレジャーの中で、氷菓子を売る移動販売の店や露店、駄菓子屋等
氷ののぼり旗がたっているお店でかき氷を200円から300円で買っているではないですか、、、

だんだんとかき氷を作れるアイテムが小さくなり、ご自宅で一生懸命に手動で、ゴリゴリと作る子供達や作ってくれる大人達もいましたね。

そんな光景が夏の風物詩とよばれるようになったのではないでしょうか。
だがしかしです。

自宅で作れるかき氷は、その食感を異にするものや、様々な種類のかき氷を作れるようなアイテムが売る出されるようになり、正直なところ、夏!限定ではなくなってきています。

ガリガリと食感を携えたかき氷を作るのはいいかもしれませんが、フランス料理の一部として出される「ソルベ」のように、料理の一部としてホームパーティー等で振舞うのも良いかもしれません。

また、かき氷ではなく「シャーベット」として、重厚感がある氷のデザートを作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

かき氷が自宅で簡単に作れるようになりました

覚えていますでしょうか、子供だった頃のかき氷機を!
平成、令和に生まれた現代っ子達は、かき氷を作るのが大変だということを知っていますでしょうか!

かき氷はただ削るだけではありません。
削る前には、まず、氷を作らなければいけないわけです。

バラバラに別れた氷もあれば、一個にまとまった氷を作らなければいけないでしょう。冷凍庫があれば、氷は楽に作れますが、水が凍りになるまでには時間がかかります。

やっと氷が出来たと思えば、かき氷が食べたいという子供、親戚の子供達、自宅に遊びに来た子供達の分と、大人達が必死にゴリゴリとかき氷機の取っ手を回していたわけです。

あれ、結構必死にやってます、手と腕が疲れて、汗をかくのは大人たちという、手動作業の対価でしょうか!
その量が多い分、また、氷を最初から作らなければいけませんし、砕かなければいけませんし、削らなければいけません。

お母さんたちは、本当に大変だっただろうなと今となって感じることでしょうね。

しかし、家庭内でかき氷が作れるようにとかき氷機が一般家庭用に市場に出されるようになりましたが、現在のかき氷機は文明に任せた、まさに自動です。

ただ氷を削るだけではない、現在のかき氷機

現在のかき氷機の種類は様々です。
大小さまざまな状態のかき氷を作れるようなタイプや一度にたくさんのかき氷を作れるようなタイプのもの、持ち運びや収納性を重視したものなど、多岐に渡ります。

さて、ここで重要視したいのは、かき氷って食べ過ぎるとお腹壊すこともありますが、何より、”飽きる”というとこにあると思います。
私達が思い描くかき氷は、様々な種類の味がある、例えば、イチゴやブルーハワイ等の、多種類に色づいたシロップをかけたかき氷ではないでしょうか!

味が変わるというだけで、幾分かの楽しみがあるのですが、1食2食楽しんだ3日目は、どの味がいいのかと悩むこともあるでしょう。
そのために、何種類のシロップを用意しなければいけないのでしょうかと家計を圧迫することもあるでしょう。

しかし、現在の進化したかき氷機は、氷の削る形を変えることができるものもあるらしいのです。
これは便利ですね。
今日は、かき氷という名のシロップをかけて楽しむタイプがいいという時と、別日は、がっつりかき氷というよりはデザート感覚で食べたいと台湾風のふんわりとしたタイプのかき氷を選択する楽しみが増えます。

また、従来のかき氷機は、一度に作れる量にも問題?があったと思います。
最初にできたかき氷を食べるのは誰だと、兄弟で喧嘩したこともあるのではないでしょうか?

一般家庭用のかき氷機は、基本的に、その性能から持ち運びができるようにと1人前が基本でした。
現在のかき氷機は、一挙に5人前とか作れるようなタイプもあるようで、大家族とかレジャーの時には便利な一品ではないでしょうか?

デザインや性能を重視しているかき氷機

日本人って、結構おしゃれでこだわりがイメージがありませんか!
現に、日本の技術という面では、世界トップレベルであり、諸国の方々が欲しがるレベル、マネしたくなるレベルです。
製品もそうですが、文化等もでしょうか。

そして、そんな日本だからこそ、需要がある商品は、人が買いたくなるように、デザインや性能まで熟慮したものを提供しています。
かき氷機って本当、いろいろな種類があるのですねと驚くくらいのデザイン豊富なものがあります。

コーヒーメーカーや炊飯器等の家電製品もしかりですが、買う人、使う人のことを熟慮したデザインや性能性は、多岐に渡る技術力ですよね。

まとめ

一般家庭では、おしゃれな1人前のかき氷機があれば充分でしょうが、レジャーや大家族になると、夏のかき氷機の使用頻度は類を見ないでしょう。
かき氷機は使わなくなるかというと、夏という季節がある以上、なくならない文化でしょう。
また、様々な種類の高性能なかき氷機が出されるかもしれませんね!

-学ぶ, 知っておくと便利
-,

Copyright© じ~じ の 一歩。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.