健康 学ぶ 知っておくと便利

オーガニック食品のメリット!味も良ければ、体にもいい!

投稿日:

牧草を啄む牛・オーガニック食品の画像の世の中、オーガニック食品と意識高い系の人たちが挙って、健康意識が高くなったように購入し、利用している昨今、、、

そんなにオーガニック食品なんて変わるものなのかという疑問より、健康食品を考えると塩分を少なくしたものやカロリーが低い食品などにした方が良いイメージするのではないでしょうか?

事実、人体に与える影響が大きいものに関しては摂取しない方がいいのかもしれませんが、毒となる食品は美味しいですね!だから、健康食品を食べてストレスを抱えるくらいなら、美味しい食べ物を食べるのは自由だと考えるのも自由!

しかし、オーガニックは健康食品という位置づけではありませんね。そう、食材なのです!
そして、なぜ良い食品だと言われるのかと言えば、料理となる以前に、本来の食材として、人体や自然に害のない状態で育てられているから、人工的な害を含まない食材としての位置づけになるわけです。

必要異常な栄養分や、人工的な化学肥料などを用いて肥大化した食品は、いつしか、人体に悪影響を及ぼすようなエネルギーをもち、そして、その食材の味を占めてしまったわけです。

そんな、悪影響のある食品を、どうすれば健康的な、栄養価の高く、美味しい状態に出来るかと、試行錯誤されて作られたのがオーガニック食品なわけです。

その恩恵は、人体においても非常に良い作用を与えている研究結果も出ているわけですから、良いモノは良いと認識して、実際に利用した方がいいでしょう。

オーガニック食品は本当に人気があるのか?

昨今、人気が高くなってきているオーガニック食品ですが、そこには、まだ根付いていない意識もあるようです。
化学的な人工物を含まず、植物の生育に関して悪影響を及ぼすような土壌で作られることのない原材料を考えてみましょう。

世に出回っている原材料や食材などの多くは、人件費や出来るだけ大量にと生産に掛けられるように、様々な薬品を使用し、大量に育つような環境であれば、そこを土壌として生産しているものが多い。

しかし、過去に多くあったように、汚染されているような土壌で生育された原材料なども大量に出回っていました。
今となっては、そこまで悪状況なものは出回ってはいませんが、少なからずと作られているモノに頼るようになり、後になって、混入物等が問題となることもあります。

オーガニック食品の取り扱い範囲は、日本ではそんなに広くはありません。
その90%以上は、通常に栽培される原材料や食材になっています。

オーガニック食品といえば、良好な生育環境に整った土壌で、化学的なモノを含まず育てられた食品です。そのような原材料で作られた商品であれば体への負担や害もほとんどなく、食品であれば安心して食せるものが多いでしょう。

そんな厳しい状況下で育てられたオーガニック食品を利用しようする方々も増えていますが、それなりの値段と本当に良いのだろうかという周知の低さから、まだ戸惑っている方々もいるようです。

オーガニック食品の種類

オーガニック食品というと、どんな食品を連想されますか?
私自身も、オーガニック食品というというものを聞くと、野菜類等、とにかく健康にいいモノを連想しました。

もちろん、体にいいモノだというだけで、野菜を連想したわけですが、そもそも体に良いという認識が異なることを後から知ることになるわけです。

というわけで、オーガニック食品は野菜だけではありません。
恵まれた環境で、化学的なモノを使わず育てられたというのは、何も原材料や植物だけではありません。
食料となる動物もまた、オーガニック食品たり得る技術をもって食品となっていますし、原材料があるのであれば、様々な食品がオーガニック食品として世に出回っているわけです。
特に日本は、オーガニックに関する認識があまり無い為、生育する環境も狭いですが、海外では大きく進展しています。

オーガニック食品にすると起こる体の変化

オーガニック食品は体に良い!
それって、健康食品という位置づけであれば、味に満足しない人もいるのではないか?

そんな疑問があるかもしれませんが、それは調理の過程で作られたものが体に害があるからと調整されたものです。
オーガニック食品は、食材自体が栄養か高く、整った環境や生育に必要なモノをとりいれて作られている為、食材自体が”健康”で”安心”なわけです。

だからこそ、通常の商品と比較すれば、それ自体に大きなメリットがあるわけですね。
オーガニック食品がどれだけ、我々の体に良い影響を与えてくれるのかと、海外では実験を行ったことが報告されています。といいますか、そこまで世界に広まっているのであれば当然行っているでしょう。

まず、食した方が言われるのは、とにかく美味い!ということ!
そうでなければ、いくら健康にいいからといって、ストレスとなってしまい、本当に健康にいいのかという疑問にもなります。

また、実験を行ったということはデータがあるということで、従来の食品を摂取していた時の人々の体内から検出される農薬の数値が、かなり減ったというデータもあります。

つまり、人体に悪影響を与える食品をオーガニック食品に変えることで、与えるリスクを軽減されることが実証されているわけです。

まとめ

オーガニック食品が体にとっていいことは、証明されているわけですが、もちろん、研究段階ということもあり、様々な面が熟考されています。
だから安全ではない!というより、生産されている食品は厳しい審査を通っているモノなので、安心して購入されていいでしょう。

-健康, 学ぶ, 知っておくと便利
-, ,

Copyright© じ~じ の 一歩。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.