広告

映画「かもめ食堂」の魅力やあらすじを紹介!北欧好きにはたまらない!?

2021年1月16日

かもめ食堂の店内今回は2006年に公開された映画「かもめ食堂」についてご紹介します。

まず最初に簡単なあらすじを説明します。

舞台は北欧のフィンランド。

小林聡美さん演じる日本人女性サチエが「かもめ食堂」という日本食の食堂を開きます。

最初はフィンランドの人々も

見たことない外国人がいる変なお店だとなかなかお客が近づきませんが、

日本のアニメがすきな北欧の青年や北欧に旅行に来ている日本人女性たちと出会い、北欧という異国の地で異文化が入り混じるほっこり温まるお話です。

原作は群ようこさんの本です。

また映画で「かもめ食堂」として使われている食堂は、

実際に現地フィンランドにあるカハヴィラ スオミという食堂を使って

撮影していたんです。

原作もありますが、

時間をかけて実際にフィンランドで撮影していたということで、

より雰囲気が伝わる映画もおすすめですよ!

また北欧好きの方はもちろん、

北欧のことをよく知らない方でもこの映画を観ると

旅行に行っているような感覚で北欧のことを知ることができたり、

魅力を感じるようになります!

実は北欧の人々と日本の人々は似ているといわれているんですが、

その雰囲気も伝わる作品になっています。

以上の点も踏まえ、この映画の魅力に迫っていきましょう!

女性が海外で輝く世界観

おにぎりの画像

まず1つ目は、日本人女性が海外で輝き仕事をしている魅力です。

誰しも1度は海外に住むことに憧れたことがあるのではないでしょうか?

主人公のサチエは日本からフィンランドにわたり、

一人で生活し食堂を開いています。

ひとりで海外にわたり個人経営の食堂を開くなんて勇気のいることですよね!

また撮影はフィンランドでされており、

有名な北欧のブランドがスポンサーとしてついています。

食堂の食器やサチエの住んでいる家の家具なども北欧ブランドが多いです。

ですがここで魅力的なポイントが、

食堂のメニューや家で作って食べる料理が日本食なところです。

サチエは食堂でメインメニューとしておにぎりを提供しています。

北欧で出会った日本人女性のミドリから

おにぎりの具は北欧の人でも親しみやすそうな食材にしないかと提案されます。

しかしサチエはおにぎりの具は梅、鮭、おかかだというポリシーを変えようとしないんです。

異国にいても日本の文化や考えを重んじているサチエの姿勢も素敵ですよね!

何かが日本人と似ている!?

北欧 雪の降っている風景

次にこの映画を見て日本人でも北欧に親しみがわきやすいポイントを紹介します。

まず最初に印象深いシーンは

サチエがかもめ食堂で食器を磨いていると、

3人のフィンランド人の女性たちがこっそり食堂をのぞき込むシーンです。

興味はあるけど、なんだか近寄りがたくこそこそ話をしているのが印象的です。

ここでユニークなセリフがたくさんあります!

よく日本人は外国人と比べると、

身長が低く童顔なことから年齢が低く見られがちですよね。

実際にこのシーンでは、

「小さい人」「子供かしら?」

「一人で手伝いをずっとされてるのね」「かわいそうに」

といった感じのニュアンスで

フィンランドの女性たちがこそこそ話をしているんです。

日本人の私たちからしたら立派な大人の女性でも、

海外の方からみればこんな視点があるんだ!

と面白くてクスッと笑ってしまうシーンです。

またこの女性たちに気づいたサチエは微笑んでみますが、

フィンランドの女性たちはびっくりして店内に入らず帰ってしまいます。

こういったポイント、実は日本人には親しみが持てるのではないでしょうか?

冒頭でも述べましたが、

元々北欧の人と日本人は、

物静かで引っ込み思案、恥ずかしがりやなところが似ているといわれています。

新しいものには興味があるけれど、

少し勇気がいるからこそ周りとこそこそ話をするといった感覚は

日本人にも見受けられますよね。

【少しネタバレが入ります】

なかなか来店してくれない女性たちでしたが、

フィンランドの伝統的な食べ物であるシナモンロールを作っていたところ

多くのフィンランドの人々が興味を持ってくるようになり、

この女性たちも来店するようになります。

周りがいいと思ったことや、言っていること、

入りづらかったとしても大勢の人が入っているなら入れる!

といった感覚も日本人に似ていますよね!

まとめ

いかがでしたか?

この作品は、

アクション系や激しい展開を好む人には少し物足りないと感じるかもしれません…。

ですが、旅行になかなか行けないけど少し気分転換したい!

と思っている方や、

最近家にこもりがちで何か自然な映画やのんびりした映画を観たい!

と思ってる方にはうってつけの映画です。

のんびりした暮らしや、

少しずつ町になじんでいき人が変わっていく感覚など

当たり前だけど異国の地だからこそまたユニークで面白い作品となっています。

日常で気が張り詰めてしまったときや、

のんびり映画を観たいときにおすすめします!

またこちらの作品は様々な動画サイトでも配信されています!

ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか?