日焼け止めの使用期限は?開封後はいつまで使えるの?未開封では!?

2021年3月8日

 

日焼け止め2本「暖かくなってきたから、大きな公園で子どもと遊ぼう!」

「日焼け止め、日焼け止め…確か去年のこの辺にあったなぁ?」

あれ、これってまだ使えるかな?

悩むことありますよね。

この記事では、こんなお悩みを解決します。

基本的には、一般的な日焼け止めの使用期限は

・未開封なら3年

・開封後はなるべく早めに(シーズン内に)

です。

しかし、去年のものでも確認して大丈夫そうなら使えることもあります。 どれがどれくらいの期間使用できるのか? 使用できるのかの見分け方は? チェック方法もありますので、覚えておくと、役に立ちますよ♪

実際、私も試してみました。感想とともにまとめています。

日焼け止めの使用期限は?

自分の足に日焼け止めで「お日さまマーク」書いてみた基本的には開封前なら3年は大丈夫です。

一般的な、保存料の入っているものであれば、3年は持つように作られているそうです。

「医薬品医療機器等法(旧題名:薬事法)では、製造後3年以内で変質する化粧品を除き、使用期限を表示する必要はないとされています。」

引用:日本化粧品工業連合会

そのため、使用期限が書かれていないものは、3年は使えると考えて大丈夫です。

また、オーガニックの日焼け止めは保存料のない分傷みやすくなっています。

オーガニックの製品のものは、製品により、期限が開封後3ヶ月以内だったり、6ヶ月以内だったりします。

大変短いものが多いです。

製品によって違うので、必ず商品ごとの注意事項を確認するようにしてください。

【オーガニックとは】

自然由来の成分で作られたものです。

化学的な成分は全く使われていないか、ごく少量のものを言います。

無添加の日焼け止めもありますが、それとオーガニックとは違うので気を付けましょう。

【無添加とは】

特定の物質が使われていないことを言います。

何が無添加であるという定義はありません。

無添加であっても、保存料は含まれていることもあります。

何が無添加なのか、を確認するようにしましょう。

【製造年月日】

基本的に3年持つのは分かりました。

だけど、

「いつから3年か分からない!」

こともあるでしょう。

そんなときは、日焼け止めの容器の底などをチェックしてください。

日焼け止めの底に使用期限の表示製造年月日が書かれていることがあります。

また、製造年月日が書かれていなくても、製造番号が書かれている場合があります。

そのときは、メーカーにその番号を伝えて確認する。

又は、

製造番号から製造日を調べるサイトで確認する。

ようにすれば調べることができます。

ここで注意! 

使用期限内でも、保存状態により、

品質が低下すると使えないこともあります。

<開封する前の製品>

高温や直射日光、および湿度が高い場所、温度変化が激しい場所を避けて保管していただければ、製造から少なくとも3年間は品質を保つように設計されています。3年を過ぎても直ちに使用できなくなるわけではありません。

~省略~

ただし、保管状態が悪いと、開封前でも品質が低下する場合がありますので、中身の状態やにおいなどがおかしいと感じたら、使用しないでください。」

引用:Kao良くあるお問い合わせ

 

期限内でも、使えなくなる場合もあるとのことです。

最終的には中身のチェックが必要ということになります。

使えるかどうかの見分け方は、4章でご説明します。

開封後はいつまで使えるの?

日焼け止めを出してる画像ここも曖昧で悩むところですよね。

開けてしまったら、開封前とはまた使用期限が変わります。

基本は、

・開封後は早めに使い切るのが良い(ワンシーズンがめやす)

ですが、「丸1年以内ならいけるかな?」

「洗面所に置きっぱなしだったものはどうかな?」

と気になるところですよね。

メーカーのホームページで調べてみました。

「去年の夏、使い残した日焼け止めを今年も使うことはできますか?

開封時に変な臭いがせず、分離していない、変色していない等、購入時と同じ状態の場合は、使用することが可能です。」

引用:資生堂お客様サポート

「今年買った日やけ止めが残ってしまったけれど、来年の夏にまた使えるのですか?

開封後に長く保管すると、変質するおそれがあります。開封した後は、できるだけ早く使い切るようにしましょう。」

引用:Kaneboよくいただくご質問

「開封した製品は、なるべく早めに使い切ってください。開封してから時間がたつと、品質が低下するおそれがあります。中身の状態やにおいなどがおかしいと感じたら、使用しないでください。」

引用:Kao良くあるお問い合わせ

また、日本化粧品工業連合会にはこう書かれています。

A=「去年の夏、使い残した日やけ止めを今年も使うことはできますか?

Q=正しく保管しているようでしたら、今年も使用することは可能です。」

引用:日本化粧品工業連合会

多くのメーカーなどに、なるべく早く使用するようにと書かれていますね。

しかしうまく保管していれば、使うことも可能なようです。

品質が保たれていれば、次の年にも使うことができます。

正しく保管することが大事なのですね。

使えるかどうかチェックしてから使うようにしましょう。

使えるかどうかの見分け方は?試してみた!

【見分け方】

次の3点があればおかしいので、使用しないようにしましょう。

1) 中身が分離している。

2) 変な臭いがする。

3) 色が変わっている

「キャップを開けてみて、中身が分離している、変な臭いがする、色が変わっているなど、どこかおかしいと感じた時は、変質している可能性がありますので、使用は避けてください。」

引用:日本化粧品工業連合会

 

実際、家にあった去年の日焼け止めで試してみました。

SPF30PA+++のmildと書かれているものです。

去年の夏の終わり頃に買ったものです。

比較的、快適な温度になっているリビングの棚に保管していました。

指に出してみると、分離している様子はありません。

日焼け止め中身確認匂いもありません。

去年と同じ白いままでした。

1日塗って外に出てみましたが、特に問題は無さそうです。

少しかさつく気もしますが、塗ったのが3月の初めだったからだと思います。

大丈夫と判断したので、今年中に、なくなるまで使いきろうと思います。

保存方法は?

洗面所で保存している品質を保つためには、保管場所が大事です。

どのような場所が良いかというと、

温度変化の少ない場所

直射日光の当たらない場所

湿度の高くない場所

です。

洗面所は避けた方が良いでしょう。

また、冷蔵庫に保管するのもやめましょう。

分離する恐れがあります。

【使用方法にも注意しよう!】

容器の口元をきれいにふき取る

 雑菌が入らないように、口元には直接つけないことも大切です。

キャップをきちんと閉める 

 酸化防止のため、酸素に触れる時間は短くしましょう。

少しのことですが、気を付けることによって、使用期限も長くなりますよ!

あわせて読みたい関連記事:

日焼け止めの正しい落とし方は?肌トラブルを起こしにくい方法は?

日焼け止めは何月から何月まで必要ですか?絶対外せない時間帯は?

まとめ

日焼け止めを塗った女の子背中・日焼け止めの使用期限は未開封で3年。

・オーガニックのものは使用期限が短いので、製品ごとに確認。

・開封後も保存状態がよければ来年も使えることもある。

・保管方法に気を付けるのが大事。

同じ使用期限でも、使い方や保管方法で使える期間が長くなります。

まだ使えるかなと迷った時には品質をチェックすることが大切です。

チェック方法を身に付けて、安心して日焼け止めを使えるようになりましょう!

健康

Posted by つーやん