広告

行橋の”夏祭りこすもっぺ”を紹介!!毎年楽しんでいるママが解説!!

行橋市の"夏祭りこすもっぺ"とは?

開催時期・時間など詳しくご紹介

行橋市の"夏祭りこすもっぺ"をご存じでしょうか?

“夏祭りこすもっぺ"とは、行橋市を代表する、

「夏の最大イベント」です。

朝から夜まで様々なイベントが開催され、

毎年多くの方々が訪れ、大いに盛り上がります!

この記事では、行橋市の"夏祭りこすもっぺ"について詳しくご紹介します!

「開催時期・時間」や「アクセス」、「口コミ」などもご紹介しますので、

最後まで読んで頂けたら嬉しいです。

行橋市の"夏祭りこすもっぺ"とは

 行橋市の夏祭りで上がる花火“夏祭りこすもっぺ"とは、

行橋市を代表する「夏の最大イベント」です!

「今川」という「市の中央」を流れる川の、河川敷を舞台に開催されます。

出店も60店舗程立ち並び、市内各所に設けられたステージでも、

「音楽イベント」や「神輿」、「市民総踊り」など様々なイベントが開催されます。

祭りのフィナーレを飾る「花火」は、2500発程打ち上げられ、

全長約200mの“ナイアガラの滝"をはじめ、「仕掛け花火」も多いです♪

凄く至近距離で見られて、音も見る花火も迫力満点です!

今川に映る花火も、「幻想的」で凄く綺麗なんです♪

市内からはもちろん、市外からも人が訪れ、毎年「2万人」程の人が集まり、

大いに盛り上がります。

市内に住んでいる外国人の方が、花火があがっている時に

「ブラボー!」と言ってくれたり、指笛を吹いてくれます()

とても楽しんで貰えている事が伝わってきて、地元の私は嬉しくなります♪

毎年時期が来ると、「行きたいなぁ~」と思います♪

行橋の"夏祭りこすもっぺ"の開催時期・時間

着物を着た可愛い女性が8時を指している時計を持っている“夏祭りこすもっぺ"の開催時期は、

大体「8月末の土曜日」です。

「夏休み最後の最大イベント」ということで、

凄く楽しみにしていたことを思い出します♪

母に「夏休みの宿題終わらせんとこすもっぺ連れていかんよ!」

(夏休みの宿題終わらせないとこすもっぺに連れていかないよ!)

と言われ、兄弟と急いで終わらせていたのもいい思い出です♪

開催時間は、「朝の10時~」です。

花火が打ちあがるのは「夜8時~」なのですが、

朝から出店が出ていて、遊びに行くような感覚です♪

朝から行って少し遊んで、また夜に行って出店の物を食べたり、

見たりしながら花火の時間を待つなんてこともしていました。

行橋の"夏祭りこすもっぺ"会場付近の駐車場

駐車場の画像「臨時駐車場」が設けられますが、

毎年「夕方」に行くと、

「既に満員」で車を停めることが出来ません。

会場付近は、交通規制もかかる為、

「公共交通機関」の利用をおすすめします!

夕方になると、警察が交通整理をするほどに人でごった返します。

会場付近はほぼ「歩行者天国」と化します()

折角の楽しいお祭りで「事故」にあったりしない為にも、

電車などの「公共交通機関」がおすすめですよ♪

行橋の"夏祭りこすもっぺ"のアクセス情報

浴衣を着て、歩いている女性JR行橋駅」から「徒歩15分」程です。

しかし、「駅周辺から会場」までは、多くの人でごった返すので、

まだかかる可能性があります。

私は、30分~40分」程かかったこともあります。

来場の際は、余裕を持って会場に向かってくださいね♪

行橋の"夏祭りこすもっぺ"の口コミ

 両手の手の上に赤いハートが浮かんでいる画像「打ち上げ場所が近くて綺麗!

他地区の花火大会より見応えがあります!」

「最後には豪華賞品が当たるビンゴ大会があります!

毎年楽しみです!」

そうなんです!

私はこの口コミを見るまで忘れていましたが、

「花火前の最後」に「ビンゴ大会」が開催されるんです!

会場みんなで盛り上がって、凄く楽しいですよ♪

「結婚し行橋に来て、こんなにも素晴らしい夏祭りがあるんだと、

感動しました!

花火はどこよりも近くで見れ、出店もズラリと並びます。

毎年子供と楽しんでいます♪」

皆さん「星5」と凄く評価がよかったです!

本当に素晴らしい夏祭りなんだと、再確認出来ました♪

行橋が地元というのが、凄く誇らしいです♪

まとめ

浴衣を着たカップル行橋の"夏祭りこすもっぺ"はどうでしたか?

興味が湧いて貰えてたら、凄く嬉しいです!

朝から夜まで「様々なイベントを開催」していて、

仕掛け花火も多く、

どこよりも至近距離で花火が見られる

行橋の"夏祭りこすもっぺ"

一度訪れてみませんか?

最後まで読んで頂き、有難うございました♪

祭り

Posted by つーやん