是非、あなたに実践して欲しい『節約術』をご紹介します!

2018年4月13日

ついつい、コンビニや自販機で飲み物を買ってません?

今や当たり前の光景ですよね。……いつの間にか当たり前になってますよね。

そんなあなたに、気付いて頂ければ、と計算してみました。

ターゲットは『お茶』です。

何故?……今回は『節約術』じゃないのとお叱りを受けそうですが。しばらく、お付き合いください。

二年間実践しました。手間いらずで、一年に『8万円節約』出来ましたよ。確実に『お小遣いが貯まりますよ』では、どうぞ。

家族は、旦那さま(中堅メーカーの課長)、長男(高校二年生)
次男(中学三年生)、私は、週三日(コンビニでバイト)、ごく普通の家族構成です。

ペットボトル

朝食のテーブルに『ペットボトルが三本
あなた達、今日から『このお茶を持って行ってね』。
コンビニや自販機では、お茶は買わないでね。
足りなければ、二本持って行ってね。

主人に、お小遣いを渡す時、
おかしいな~、今月56000円も余分にあるんだよ

ママー、僕たちも財布に多く残ってるよ。

 

何故でしょう。

主人に聞くと、出社前にコンビニで買ったり、会社の自販機で買うそうです。会議やミーティングの時も、いつの間にか買っているようです。

子供に聞くと、学校帰りには、コンビニに良く入るよ。クラブがある日は、お腹が空いて、なんか買って食べるもん。

そうなんです。『少なくとも月に340』は、定価で買ってたようです。

皆さんのお宅でも同じでしょう。不思議と疑わないですよね。

携帯電話も、いつの間にか、一人一台。……これと同じ社会現象ですね。

自動販売機で購入する

狙い通り! 

あなたのバッグの中、お尻のポケット、上着のポケット、
片手に持って歩いている人。
会議中、ミーティング、デスクの上、また、家のあらゆる所で良く見かけますよね。

そうです。その正体は『ペットボトル』。

今では、当たり前のスタイルで良く見かけますよね。
飲料水メーカーの思惑通りに日常手放せない存在になりました。

じゃー、月に幾ら使ってますか?・・・『そんなの計算したことないよ』。ほとんどの方が言うでしょう。

じゃー、ご覧ください。

お茶 500ml 160
160
×31(11本買ったとして)4,960円[年間59,520

いつの間にか、小銭だからと、コンビニや自販機で買ってしまいますよね。
計算して、ビックリ。毎日、一本飲むと一年で6万円も使ってる。

下の数値を参考にして、是非、あなたも計算してください。

[節約術、まぁまぁ、お得!。そだね~。]

地元の『イオン』、『トライアル』、『サンデー』からの販売価格で算出しております。
価格は、日によって異なりますので、ご了承ください。

イオン→500ml 120×31本=3,720×12ヵ月=44,640

◆◇コンビニ・自販機購入からイオンで購入すると。
1ヶ月で→《1,240円お得》
一年間で→《14,880円お得》

ちなみに、トライアル サンデー のディスカウントスーパーでは、80円、50円のお茶も売ってますよ。

購入方法を変更するだけで、ディナーに行けたり、お洒落な服等がGET出来ますよ。

ナイス[節約術、◆絶対◆お得!。◆そだね~。]

サンデー(ディスカウントスーパー)で購入

麦茶 パック

香り豊かなむぎ茶』 麦茶54包入り、148

ノンカフェインですので安心して飲めます。煮出し、水出し、両方可能です。

我が家では、ケットルに入れて沸騰させます。

ペットボトル2本分作り、冷蔵庫で保存します。
残りの麦茶は家族で飲みます。

ペットボトル1本分の原価は『なんと、1.37
1.37
×31本=1ヶ月/42.47円  一年間/510

毎日、ペットボトル一本飲みますと『年間59,520円消費』………恐ろしいですよね。

けれど浪費している意識はないですよね………恐ろしいですよね。

麦茶に変えるだけで、8万円節約………恐ろしいですよね。

御免なさいね。何回も同じこと言って。絶対にあなたにも実践してほしいので。10年間実行すれば、80万円。海外旅行に行けますよ。当たり前の様になっている消費には、気を付けてください。

 

まとめ

塵も積もれば山となる。実践してみて納得しました。最初は、大手スーパーなどで、まとめ買い。次に、ディスカウントスーパーでの買いだめ。何となく得したのかなぁー。けれど実感はありませんでした。

家族協力のもと『お茶は作る』にたどり着きました。小遣いで買っていた主人も最近は、今月ピンチだから宜しく。‥と言わなくなりました。あなたも是非、トライしてください。

≪取材協力→次女の家族≫
じーじは、お茶の節約で『年間に六回は大好きな船釣りを楽しんでますよ』。